ヨガの資格「RYT200」とは

RYT200があると有利になる?

RYT200があると有利になる? ヨガインストラクターの求人には、インストラクターとして働いた経験年数を求める求人がほとんどで、資格の有無を問う施設はなく、ヨガインストラクターは国家資格ではなく民間の資格であるため、持っていなくてもヨガを教えることができます。しかしスタジオなどで働くには履歴書を送り、審査の模擬レッスンをして合格しなければならず、履歴書での書類選考の時に資格を持っていたほうが有利です。
資格の中でも特に優遇されるのがRYT200で、これは質の高いヨガインストラクターや教育者を養成する目的に、カリキュラム基準を定めたり、認定指導者などを登録する非営利団体である全米ヨガアライアンスが認定したものです。RYT200で認定されれば日本だけでなく世界各国でも知名度が高く就職にも有利です。現在スタジオで働いているインストラクターの方は資格取得者がほとんどで、その中でRYT200の認定者は全世界で認められ、自分の希望する施設で働くことができます。

日本でも有効なRYT200などの米国資格

日本でも有効なRYT200などの米国資格 有名なヨガインストラクターの資格としては、全米ヨガアライアンスが認定したRYT200やRYT500などがあり、アメリカだけでなく日本でも十分な影響力があります。ヨガスタジオでの採用試験でも重要な要素になることが多く、プロのヨガインストラクターになるためには必須である資格とも言えます。
RYT200を取得するためには認定されたスクールで200時間のプログラムを修了している必要があり、指導実績がなくても取得できる最も簡単なタイプです。指導のための認定を持ったスクールをRYS200と言い、卒業した後に300時間のプログラムを加えると上位資格であるRYT500を取得することも可能です。
また取得するだけでなく指導をする側としても資格があり、それぞれ異なるため、RYT200の指導ができる資格だけではRYT500のメインを担当することはできません。いずれも指導経験に携わった1000時間を超える長い経歴が求められます。

新着情報

◎2019/9/26

RYT200があると有利になる?
の情報を更新しました。

◎2019/8/19

RYT200で学べるヨガの流派
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ 採用」
に関連するツイート
Twitter