ヨガの資格「RYT200」とは

RYT200の資格の内容

RYT200の資格の内容 RYT200の資格はヨガアライアンスが認定するスクールで、200時間のカリキュラムを修了する事で取得する事ができます。
一般的に指導されているヨガのプログラム内容は、実技の練習に多くの時間を取ります。
そして指導学でインストラクターとしての指導法を学び、身体の構造を学ぶ解剖学などが行なわれている事が特徴です。
これらのカリキュラムを修了すると、多くのスクールでは卒業試験を実施しています。
おおむね筆記と実技試験を実施しており、今まで学んできたヨガの知識や技術を確認する事となります。
実技試験はスクールによって異なりますが、主に生徒に指導する時に分かりやすく伝える事ができるか、姿勢を正しくするために的確なサポートをできるかなどが試験される事が多いようです。
取得後にヨガアライアンスに認定の登録を行えるようになります。
このRYT200を取得するという事は、基準に基づいた技術や知識を持っているインストラクターである事を証明する指標ともなります。
インストラクターを行なう際には有効な資格であると言えるでしょう。

RYT200の資格取得内容と実践できる場所

RYT200の資格取得内容と実践できる場所 RYT200は全米ヨガアライアンスがもうけているインストラクター資格の中でも、全世界でもっとも認知度が高いものになっています。
このRYT200資格を取得するためには、全米ヨガアライアンス認定校で必須講座を受講したのち、認定試験に合格する必要があります。
必須講義は日本だけでなくインド・アメリカでも共通で、一般的なアーサナの練習である実技練習が100時間・指導学25時間・解剖学20時間・ヨガ哲学30時間・実習10時間になります。
RYT200と言ってもここから更に流派がわかれていて、各流派ごとに学ぶ内容も異なっているのが特徴です。
RYT200を取得したあとの実践場所はヨガスタジオやスポーツジムでインストラクターとして所属すること以外に、自身でスタジオを開設することも可能です。
このライセンスは世界共通なので、海外へヨガ留学をする際も非常に高い効力を発揮できるといえます。
指導者を目指すスタートラインのライセンスです。

新着情報

◎2019/9/26

RYT200があると有利になる?
の情報を更新しました。

◎2019/8/19

RYT200で学べるヨガの流派
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ アライアンス」
に関連するツイート
Twitter